大阪・中崎町のコモンカフェで開催されるトークイベント『けんちくの手帖』のイベントレビューを準備室メンバーが、それぞれの視点から綴ります
by archnote
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
young girl p..
from young girl pan..
dog slut girl
from dog slut girl
fuck interra..
from fuck interraci..
free gay ero..
from free gay eroti..
finger older..
from finger older p..
star war por..
from star war porn ..
older bbw pi..
from older bbw pict..
fucked gets ..
from fucked gets teen
celeb free v..
from celeb free vid..
used kawasak..
from used kawasaki ..
以前の記事
カテゴリ:西上 ありさ( 1 )
『京都げのむ』の場合
■ お客さん内訳
けんちくの手帖にしては、第1回以来めずらしく建築関係者が多い回でした。
特に今回は学生が多かったような気がします。
建築関係者★★★★☆

■ 感想
私は学生を対象としたまちづくりイベントである「探られる島」プロジェクトを
主催するメンバーの1人であるため、「京都げのむ」に以前から興味を持っていました。
学生とどうやってフィールドワークから、収集したデータの読み取り、
最後に雑誌の編集作業までまとめるのかというところに特に興味を持っていました。
編集作業に9ヶ月くらいかかるというお話は、納得するものがありました。
これを2001年から毎年発行し続けるには、相当な体力が必要であると思いました。
その結果できるデータベースは、膨大なものであり、膨大であるからこそ面白いと思いました。

学生を巻き込むプロジェクトは、

1 フィールドワーク
2 データの分析
3 冊子の編集、発行
4 打ち上げ

という流れが多い。

個人的な意見ではありますが、せっかく時間も体力も頭も使うなら、
プロジェクト終了後も、気になって仕方ないと思い、
実際に何かアクションを起こすところまで持っていきたい。
そうすればとっても楽しい活動になるのではないかと思っています。

1 フィールドワーク
2 データの分析
3 冊子の編集、発行
4 打ち上げ、解散
5 プロジェクトは終わったものの、気になって仕方ない気分
6 再集合、フィールドと深く関わるようなアクション立ち上げ

京都げのむのみなさんの意見を聞いて、そんなことを考えました。

■ 印象的だったこと

プレゼンをする場に、きちんとプロジェクトの関係者を惹きつけておくのは
大切なことだと思いました。
京都げのむ隊活動日記によると「(中略)約1時間の発表が終わり、
トークセッション前の休憩が始まると、若杉荘から持ってきた「げのむ」
(1〜5号、各10冊ぐらい)は瞬く間に完売。
京都CDLと「げのむ」の面白さを分かってもらえ、
げのむ編集に携わるものとして、すごく嬉しかった。
げのむやっててよかった!、と素直に思った夜なのだった。」とありました。
私も似た経験がありますが、プロジェクトが内部だけの盛り上がりにとどまらず、
外からの評価を受けている場を目の当たりにすると、嬉しいものです。
これをきっかけに、さらなる意欲がわき、面白いことに関わったという自信となる。
そんなプロジェクトを5年間も続けてきた「京都げのむ」は
今後もぜひとも参考にさせていただきたいプロジェクトでありました。
[PR]
by archnote | 2006-04-26 00:15 | 西上 ありさ